トリマーピンク

人気記事ランキング

ホーム > パッケージ > パッケージについて

パッケージについて

パッケージなどについて勉強しました。現代のビジネス活動におけるパッケージの主たる形態は、袋・箱・缶・瓶・チューブなどで大量複製を前提にデザインが考えられています。また、パッケージの用途から販売に直結するパッケージと、商品をまもるためのパッケージに分けることができます。販売に直結するパッケージは、まずスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの店頭でよく見かける食料品・飲料・日用品などを包んでいるものがあります。今日では「フレキシブル・パッケージ」とよばれる、紙以外の材料を使用した袋状のパッケージを多く見かけます。材質は、ポリエチレンやポリプロピレンで、薄いフィルム状になっており、機密性や防湿性に優れています。また、透明なので内容物を見せることができます。印刷は内面に直結印刷できるので、印刷面がこすれて汚れることもありません。さらに、食品など印刷面に内容物を触れさせないようにするために、フィルムを貼り合わせて使用されています。袋の表面は、消費者の目に止まるようなデザインとなっており、内容物の説明と扱い方なども表示されています。また、日用品より単価の高い商品で専門店やデパートなどで販売されている化粧品・高級な酒類・贈答用品などは、箱形のパッケージに納められています。

仕事のストレス