トリマーピンク

人気記事ランキング

ホーム > カニ > タラバ、ずわい、かにの種類と特徴は?

タラバ、ずわい、かにの種類と特徴は?

冬に食べたいごちそうと言ったら、何が浮かびますか?私は何といっても「かに」です!

年末やお正月に、皆で集まったらやはりカニは欠かせません。みんなで食べて、家族で食べて、残ったものを一人でも食べる・・冬の私の楽しみです。だから、俄然カニ選びにも力が入るわけですが、カニにも種類がありますよね。皆さんご存知でしょうか。今回は、冬に向けてタラバ、ズワイ、毛ガニなど、かにの種類と特徴をまとめてみたいと思います。

まずは、カニの王様、タラバです。見た目の特徴として、全体的にとげとげしていて、甲羅が五角形、何より大きいものが多いです。身もぷりぷりとして、しっかりとした食べごたえです。やはり、食感が他のかにとは違いますね。

次にずわいがにです。各地にある「松葉かに」「越前かに」などのブランド蟹はずわいになります。種類がすごく多いので、当たり外れがある印象は否めないです。見た目の特徴としては、タラバに比べて小ぶり、足も細く全体がつるつるしています。身は、タラバよりは繊維質が少なく、プリッと感は少ないですが、とにかく甘いです。個人的には、人が集まる場所には、見栄えして、食べごたえもあるタラバを持参しますが、自分が食べるならズワイが好みです。ズワイは当たりはずれが大きいですが、当たりならカニ味噌もおいしいです。

最後に毛ガニです。名前の通り、細かい毛におおわれた小ぶりの蟹で、なんといってもカニ味噌です。足は小さく食べにくいですが、味噌にうまみが凝縮されています。いかがでしょうか。今年も3種類制覇を狙いたいものです。かにの種類まとめでした。